噛み合わせ治療・矯正歯科

その肩こり、頭痛、噛み合わせが原因かもしれません

その肩こり、頭痛、噛み合わせが原因かもしれません

「歯の見た目なんて気にしない」という方がときどきいらっしゃいますが、実は見た目が悪いと噛み合わせも乱れていることが多くあります。「噛む」という行為は顎の骨などにとても力がかかっているため、噛み合わせが乱れていると顎や筋肉などの負担になってしまうことがあり、見た目だけでなく全身のバランスを崩し、機能性を害してしまうことにもなるのです。

上下の歯を噛みしめたときの顎の感覚。顎を左右に動かしたときの上下の歯の当たり方。気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。原因不明な不調の根本原因が見つかることもあります。

  • 診療方針と噛み合わせ治療の流れについて 当院のかみ合わせ治療コンセプト
  • 噛み合わせのチェック方法をご紹介 かみ合わせ簡単チェック

乱れた噛み合わせの影響

口腔内への悪影響
現象 影響
  • すみずみまでブラッシングがしにくく、汚れが溜まりやすくなる
  • 噛む回数が少ないので唾液が少なくなり、細菌が繁殖しやすくなる
虫歯、歯周病、口臭
睡眠中、強い力で歯ぎしりをする 歯の破損、顎関節の痛み
噛みやすいところでだけ噛む癖がつく 一部の歯の磨耗、グラつき、脱落
歯ぎしりは不調の原因
歯ぎしりは不調の原因

噛み合わせが悪い状態での歯ぎしりは、歯に2~3倍の負担がかかり、歯や身体のストレスになります。寝ている間の無意識な行動で力加減をコントロールできないため、ときに深刻な身体の不調につながることもあります。

全身への悪影響
現象 影響
  • 歯の隙間から空気が漏れる
  • 舌が動かしにくい
発音が不明瞭
食べ物をしっかりと噛めない 消化不良
噛みにくい分を無意識に顎でカバーするので身体のバランスが崩れる 顎関節症、肩こり、頭痛、腰痛など
顎関節症とは?

顎関節やその周囲が痛い  口が大きく開けられない  口を開けた状態を鏡で見るとゆがんでいる、ズレている  口を開けると音がする  顎周辺の筋肉に疲労感がある、だるい

上記のような症状の総称を「顎関節症」といいます。放っておくと以下のように全身へも悪影響を及ぼすこともあるため、注意が必要です。

頭痛、首や肩のこり(疲労感)が取れない  頭が重い  イライラする  原因のわからない背中、腰、手足の痛みがある  めまいや耳鳴りがする  耳閉感、鼻閉感があったり、目が充血したりする  よく眠れない  自律神経失調症の症状がある

症状に心当たりのある方は、お気軽にご相談ください。

顎関節症とは?
  • 顎関節やその周囲が痛い
  • 口が大きく開けられない
  • 口を開けた状態を鏡で見るとゆがんでいる、ズレている
  • 口を開けると音がする
  • 顎周辺の筋肉に疲労感がある、だるい

上記のような症状の総称を「顎関節症」といいます。放っておくと以下のように全身へも悪影響を及ぼすこともあるため、注意が必要です。

  • 頭痛、首や肩のこり(疲労感)が取れない
  • 頭が重い
  • イライラする
  • 原因のわからない背中、腰、手足の痛みがある
  • めまいや耳鳴りがする
  • 耳閉感、鼻閉感があったり、目が充血したりする
  • よく眠れない
  • 自律神経失調症の症状がある

症状に心当たりのある方は、お気軽にご相談ください。

噛み合わせが悪くなる原因や全身への影響について 悪影響とクセについて

心への悪影響
現象 影響
歯並びが悪いことがコンプレックスになる 笑えない、人と話すことが億劫などネガティブになる
発音がしにくいことがコンプレックスになる

乱れた噛み合わせの治療法

一つひとつの症状は些細でも、続いたり、複数重なっていたりするようでしたら、当院にご相談ください。さまざまな治療法の中から、症状に合った最適な治療をご提案します。

矯正治療

骨格のバランスや歯の大きさや形などを診断して、噛み合わせを根本的に治します。

補綴治療

噛み合わせの異常が歯の欠損から起きている場合は、入れ歯やブリッジ、インプラント治療などで口腔内に正しく歯を配置します。

理学療法

こり固まってしまった顎の関節をほぐします。また、患部のマッサージや温熱療法、低周波マッサージなどで血行を促進するとともに、ご自宅でできるストレッチなどを指導します。

運動療法

噛み合わせ不良で弱ってしまった顎や口元の筋肉を運動で強化します。口をゆっくりと開けてと閉じるという簡単なものですが、10回×3セットなど習慣づければ非常に効果的です。

スプリント療法

「スプリント」というマウスピースを使って、噛み合わせのズレを徐々に治していきます。装着は就寝中だけでよく、歯ぎしりや噛みしめ癖のガードにもなります。

マニピュレーション法

患者様の口腔内に手を入れて顎の関節円盤を動かし、顎を正しい位置に戻します。

  • 当院が行っている噛み合わせ治療をご案内 当院のかみ合わせ治療一覧について
  • マウスピースを使った噛み合わせ治療の問題点・危険性について マウスピース治療

健康的なお口、身体のために~矯正歯科~

健康的なお口、身体のために~矯正歯科~

矯正治療というと、お子様の治療では?とお考えになる方もいらっしゃると思いますが、それは間違い。矯正治療は成人してからでも十分可能なのです。整った歯並び・噛み合わせは口元の見た目を美しくしてくれるだけでなく、原因不明の全身の不調改善にもつながることがあります。

早く治療に取り組んだほうが治療が簡単に、かつ短期間で進む可能性もあります。当院では、矯正治療に歯や顎の骨の状態を詳細に把握できるCTを用い、精度の高い診断を実現しています。患者様一人ひとに合った治療のご提案が可能ですので、気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

優れた精密診断機器「CT」についてくわしくはこちら

矯正が必要な歯並び

出っ歯 全体的に上の歯が下の歯より明らかに前に突き出ている。
受け口 全体的に下の歯が上の歯より明らかに前に突き出ている。
開咬 「イ」の発音に歯を噛み合わせたとき、上下の歯に隙間ができる。
過蓋咬合 全体的に上の歯が下の歯を覆い、正面から見ると下の歯が見えない。
叢生 代表的なのは八重歯。歯がばらばらの方向に生えている。
上下顎前突 上の歯列も下の歯列も前に突き出ている。

矯正治療の流れ

1.カウンセリング

1カウンセリング

患者様のお悩みやお困りごと、ご要望を親身になってお伺いし、口腔内の状態を確認します。わかりにくいことがありましたら遠慮なくご質問ください。ご納得いただけるまでご説明いたします。
2.精密検査・診断

2精密検査・診断

矯正治療には正確なデータが必要です。歯型やレントゲン写真など口腔内の検査とともに、患者様の健康状態の必要に応じて各種検査を行い、診断します。
3.治療計画の立案

3治療計画の立案

検査結果にもとづいた治療計画をご提案します。ご提案をもとに、治療法、治療期間、ご予算などを患者様と相談しながら最終的な計画を確定します。
4.装置の装着

4装置の装着

安全・確実に歯を動かすために、十分に時間をかけて装着します。
5.ブラッシング指導(矯正中)

5ブラッシング指導(矯正中)

矯正中は歯みがきがどうしてもしづらくなります。矯正中の虫歯や歯周病は治療の遅れの原因となりますので、装置装着中のブラッシング方法をわかりやすくお教えします。
6.保定期間

6保定期間

移動した歯は元に戻りやすいため、治療終了後の1年半~2年程度は保定装置を装着し、定期検診を受診していただきます。

矯正治療の種類

ブラケット矯正

メタルブラケット

矯正としては比較的費用が安く、治療期間が短いので利用者が多い治療法です。歯の表面に金属のブラケットを使う、従来から知られている方法です。

クリアブラケット

ワイヤーはメタルブラケットと同じ効果の金属ですが、歯の表面につけるブラケットが樹脂製の矯正方法です。メタルブラケットほどは見た目が気になりません。

セラミックブラケット

ワイヤーはメタルブラケットと同じ効果の金属ですが、歯の表面につけるブラケットが天然歯の質感に近いセラミック製なので、クリアブラケットよりも見た目の違和感が少なくなります。色は患者様ごとに調整できます。

リンガルアーチ

ブラケットを歯の裏側につける矯正方法です。正面から装置が見えないというメリットがありますが、矯正力がメタルブラケットなどよりも弱いので治療期間が若干長くなります。

デーモンシステム

矯正装置で問題となるワイヤーとブラケットの摩擦が劇的に抑えられた矯正方法です。ソフトな力ながらスピーディに正しい位置に歯を誘導できます。

マウスピース矯正

クリアアライナー

透明のマウスピース型の装置で、目立ちにくい矯正方法です。食事やお手入れのときには取り外しが可能です。矯正のステップごとに歯型を採り、新調することで歯を移動させます。

インビザライン

透明のマウスピース装置を使った矯正方法です。クリアアライナーと違い、型は最初に一度だけ採り、それをもとに段階的なマウスピースをまとめて作ります。

特殊な施術の矯正

MTM(小矯正)

通常の歯科矯正は歯を全体的に動かしながら治療していきますが、MTMは数本だけ動かす部分矯正です。短期間で効果ができますので、費用も抑えられます。

床矯正(小児用)

小児の顎を、永久歯が生えるスペースが確保できるように拡げていく矯正方法です。

このページの先頭へ