噛み合わせ

  • チェック
  • 原因と影響
  • 治療方法
  • マウスピース
  • 治療について

マウスピースで噛み合わせは本当に治るの?

マウスピースで噛み合わせは本当に治るの?

マウスピース療法はエンドレス?

金属のブラケットを歯の表面につけてワイヤーで歯を移動させる「メタルブラケット」などに比べて目立ちにくいという理由から、近年普及しているマウスピース矯正。お食事や歯みがきの際の取り外しもできて手軽なこともあり、当院でもご相談を受けることが増えています。額関節症の治療としても一般的になっていますが、マウスピース矯正にはさまざまな落とし穴があることをご存じですか?

マウスピース療法はエンドレス?

マウスピース療法はエンドレス?

マウスピース治療を行っているけど歯並びに変化があらわれない

マウスピースをつけているときだけしか効果が感じられない

マウスピース療法はエンドレス?

マウスピースをはずしたら、すぐに元の状態に戻ってしまった

マウスピースがボロボロになって何度も作り直す必要があった

食事以外の時間はずっと装着していなければいけなかった

「目立たない」「取り外しができる」という理由でマウスピース矯正をはじめたら、実際には思っていたほど効果が得られなかった、一般的な矯正装置のように結局ずっと装着する必要があった、予想以上に時間とお金がかかったといったご相談が増えています。

マウスピース療法はエンドレス?

そもそもマウスピース矯正は、ごく限られた症例の方にのみ適応する治療法です。治療が進むにつれて生じる顎の位置の変化などへの対応が難しいため、多少の変化が生じた場合でも新しいマウスピースをその都度、製作する必要があるのです。マウスピース矯正を行っていた患者様でも、治療にかかる時間とお金の問題から、マルチブラケットに切り替える方も少なくありません。

そこで大阪市阿倍野区の歯医者「西村歯科医院」では、基本的には初めからオーソドックスなマルチブラケットによる矯正を推奨しています。マウスピース矯正を希望される患者様には、通常の治療に加えて東洋医学を取りいれた「歯科鍼灸」、またお口のまわりの緊張を和らげて緊張をほぐす「マイオモニター」もご提案しています。噛み合わせでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

こちらのページでは、「目立たない」「手軽な矯正・噛み合わせ治療」と考えられがちなマウスピース治療の危険性や問題点などをお伝えしたいと思います。

改善どころか症状が悪化する事もあります

マウスピース治療は、矯正や噛み合わせ、また額関節症の治療など広く利用されています。しかし、マウスピースを使った治療の効果について、医師によって意見がわかれています。その理由として挙げられるのが、長期間の使用による顎のズレです。

改善どころか症状が悪化する事もあります

マウスピースを装着して噛めば、普段とは違った顎の動きをします。この動きを計算してマウスピースを製作すれば問題ありませんが、間違った位置に動くように製作されたマウスピースを使った場合を想像してください。その状態が長期的続けば、顎の位置がズレて取り返しがつかない状態になってしまいます。

とくに治療によって効果が得られないため、マウスピースを長期間装着していると重大な問題を引き起こしてしまうことがあります。2~3ヵ月程度の使用なら顎の位置がズレてしまっても、マウスピース治療をやめることで自然に元の位置に戻ります。しかし、長期間使用してしまうと、誤った位置で顎が固定されてしまうのです。

改善どころか症状が悪化する事もあります

マウスピース治療を行う場合は、知識と経験のある歯科医師がマウスピースを製作することが大前提です。また、治療の効果が得られない場合は早めに歯科医師に相談し、治療方法を再検討しましょう。

その場しのぎではなく根本的な治療をお勧めいたします。

その場しのぎではなく根本的な治療をお勧めいたします。

マウスピース矯正は、噛み合わせや額関節症の対処療法でしかありません。ズレてしまった顎の動きを戻す、その場しのぎの治療といってもいいでしょう。噛み合わせは、生活習慣やストレス、歯の治療による影響など、さまざまな原因によって悪化します。そのため、原因を把握したうえで、再発しないように治療をすすめることが大切です。

当院の噛み合わせ治療では、まず生活習慣の改善からはじまり、筋肉が凝り固まった「トリガーポイント」の改善よくするための治療などを組み合わせながら、お客様一人ひとりの根本的な原因を改善するための治療を行っています。マウスピース治療で効果が得られなかった方は、ぜひ当院までご相談ください。マウスピースに頼った対処療法ではなく、患者様一人ひとりに合った最良の治療方法をご提案させていただきます。

このページの先頭へ